おだまきさん

a0002899_122012.jpg
お世話になっているお宅のお友達が
突然昼間にやってきて「綺麗だったから」と
このお花を置いていった。

特に特別な日でもなかったけど
粋なはからいです。

こうやって普段からのちょっとした気の遣い方って好きだな。
力んでも頑張りすぎてもない。自然体の仲間ってうれしいね。

ところでこのお花、Columbineっていうそうです。
日本語ではオダマキっていうんだって。
なんか誰かの名前みたいだねー。笑

そして花言葉は「気になるあの人」だって♪

 

(もしかして不倫でもしてるのかぁ??? 笑)
[PR]
# by lecanard | 2004-05-19 12:21 | オレゴン

散歩

a0002899_23476.jpg
今朝散歩をしていたら
いつも気づかない景色に目がいった。

毎日下向いて歩いてるからだろうか
あ〜東京生活のクセだわ
こんな景色を気が付かないなんてもったいない。

上を向いて歩こう〜♪
[PR]
# by lecanard | 2004-05-16 23:48 | オレゴン

my baby

a0002899_132624.jpg
私の愛車です

この辺の坂という坂を

私にのっかられて重くても登り続けるえらいやつ

my buddy!!!!
[PR]
# by lecanard | 2004-05-16 13:27 | オレゴン

贅沢な夕食

a0002899_13199.jpg
今住んでいる家のダイニングには

大きな窓があって

毎日こんな夕焼けを見ながら夕飯を食べています
[PR]
# by lecanard | 2004-05-16 13:18 | オレゴン

いやー楽しい

a0002899_13153.jpg
テニスって私にとって

一生の友達だな

こっちにきたばかりの時すごくすごくやりたかった
わざわざ飛行機の機内に持ち込んでラケット持ってきたくらいだもん

でも友達もいなかったし
コートがどこにあるかも知らなくて
やりたいなぁって一人でラケット見つめてたっけね

9か月経った今
たくさんテニス仲間ができたし
どんどん増えていってるぅ〜

テニスの良さは
一人じゃできないってとこにあるんじゃないだろうか

相手がいるからこそ楽しくなる
テニスって会話みたいだよ

無口でプレーしても
ちゃんとコミュニケーションをしてるのね

今日も真剣に無言で試合してる時に
一人が『ぷっ』って笑い出したら止まらなくなって
みんながガハガハ笑い出し
タイムアウトしないといけないハメになった

『ぷっ』の犯人は私なんですけどね。笑
[PR]
# by lecanard | 2004-05-16 13:16 | オレゴン

3年間の宝物

実は私ね、中学でいじめられた事があるんだ

ぬるま湯の隔離された小学校は
私にとって学校中みんながトモダチみたいな
イジメなんて言葉さえ知らなかった時代だった

中学に行ったら、がらっと環境が変わり
その変化について行けなかった

最初の頃はトモダチも全然いなかったっけ

だって
トモダチを作らなきゃならない行為なんて
頭で考えてトモダチを増やそうなんて
それまで思ってなかったからね

でも周りの同級生はもっとオトナに見えた
みんな着々と友達を増やして
テリトリーを広げていってたみたいだった

『あれ、私には友達がいないじゃん!!!』
『なんでみんなはいるの〜?』と私はかなり遅く気づき
その頃、回りには結構しっかりとテリトリーが出来上がってて
気づいたら私は一人、、、だった

そのうち混乱している私を見透かすかのように
男子たちが私をおちょくってきた

そんなのどうやって対処したらいいかも分からないから
私は混乱するばかり

そうしていくうちに私はいじめられるようになった

上履きに画びょう、、、まではないけど
例えば誰も私の周りに座らないとか
半径2メートルくらい近寄らないとか、そんな感じ

そんな中私が一番イヤだったのはそれが親にバレること
その頃の私には『いじめられっ子=悪い子』みたいな構図があった
なんでかは知らないけど
いじめられるにはそれなりの理由があるからだって
自分を責めてたみたい

だからそんなマイナスな私を親には見せたくなかったんだ
私は幸せにやってるよって姿を見せたかった

でも
ある日の3者面談で担任の先生が「さらっと」お母さんに言っちゃった
先生もひどいよなぁ〜。

そういうセンシティブな子供の気持ちを分かろうともしないで
親に「lecanardちゃんはいじめられてるんですよ」
「知ってますよね?」みたいな会話をホイホイ出すなんてさ

お母さんはショックだったみたい
私がいじめられてる事よりも私がそれを言わなかった事が。

そんな先生や両親への感情に挟まれ、学校ではいじめられ
中学校は全然楽しくなかった

どうやって自分を作ったらいいのか分からなかった

どこで習ったのかは知らないけど
自分って作るものだって思ってたみたいだ

自分ってそのまま自分じゃなくて
形成していくものなんだってね
だからそれが分からなくなった時混乱した

でも今でも自分を誇る事が一つある

いじめっ子たちが不幸になればいいと
(今では本当に怖いですが。。。笑)
本気で思っていた私。

不慮の事故とか災難とか。。。

あ〜怖い怖い

それでも私はそこから脱皮したんです

いつだったか忘れたけど
ふっと授業中に思った

『この男子たちはどんな青年になるんだろう?』

『今はこんな事やって私をいじめてるけど、
30歳になっても女子をいじめてるんだろうか?』

『30歳にもなったら私だって
今のいじめられてるイヤな気持ちだって忘れるんじゃない?』

ってね。

そう考え始めたらいじめられてる行為がバカバカしくなった
そしてそんな子供じみた遊びを来る日も来る日もやっている
いじめっ子たちが可哀想になった

ちょっと言葉はおかしいけど慈悲っていうのかな、そんな感情

そう思ったからって私の行動はそれ程変わらなかったと思うんだけど
それからだんだんいじめがなくなった

あ〜私ももうすぐその三十路です
あの頃のいじめっこたちはどんな青年になっているんだろうか

中学生の私も捨てたもんじゃなかったな
だって今はいじめられっ子への感情なんてもう無だし
それを予想できてたわけだからね

逆に、もしもいじめっ子たちに会う機会なんてあったら聞いてみたいもんだわ
『いじめるの楽しかった〜〜〜???』って
逆にいじめちゃうかもね。笑

こう書いていて今ふと思いました
私が先生になりたいと思った原点はここにあるのではないかと。

あの時のすっとぼけた担任に傷つけられたお陰で
私は子供の心を汲める先生やオトナになりたいと思ってるんだ

つまらなかった中学3年間も
こんな宝物をくれたんだ

人生、興味深いものです
[PR]
# by lecanard | 2004-05-15 14:57 | 日本

ちょっと嬉しいこと

いつ会ってもいつ見ても
満面笑顔のトモダチ。

今日初めて本気で怒ってる姿を見た。

そして

怒ってるところを見てちょっとホッとした

この人も生身の人間だーって。

怒ってる人には失礼だけど
私の心は嬉しかったのです♪
[PR]
# by lecanard | 2004-05-14 10:53 | オレゴン

大人になりました

楽しい事をしている時
正しいから楽しいとか、ではなく
楽しいから楽しいと思えるのが好き。

例えば親に内緒で外泊した時
私の世界はまだ親の監視下にあって 
正しくないと分かってた。

だからどこかで
「だめだぞー、悪い事してるんだぞー」って
言ってる自分がいて楽しくなかった。
帰ったら親になんて言い訳しよう、、とかばっかり考えてた。

でも最近ね、
何をしても自分に返ってくるなら
それを承知の上で楽しめる時に
思いっきり楽しもうよって思うようになった。

全部自分の責任だぞって
大人になったってことかな。笑















学校の勉強を溜めながら遊んできてしまった1日のひとこと。。。ほほほ。
[PR]
# by lecanard | 2004-05-02 13:30 | オレゴン

上と下

センパイと後輩ってなんだろう?

私の高校時代には運動部で上下関係が厳しくて

1つ上のセンパイがすごく大きな存在で
2つ上なんて雲の上の存在で
それ以上になると神様級にあがめ奉ってた

だからってそんな関係を私が絶対と思っていたかと言ったら違う気がする。

正直今思うと
高校の時はそういう人間関係のゲームとして見ていた気がする。
それが社会人や大人になったら続かないって知ってたと思う。
そのある種”芝居”のような設定に溶け込んで楽しんでいただけだと思う。

テニス部だった私は

1年の時はいっちばん下っぱで球拾いの毎日で
「あ〜テレビでよく言う球拾いってやつね〜」って下っぱ役を楽しんで

2年になるとちょっと責任が増えて
センパイらしい自分の役を作り上げて

3年になると後輩も増えて卒業も間近で
雲の上っぽいセンパイらしく振舞って

そんな風に3年間を過ごしていたんじゃないだろうか。

運動部の上下関係の厳しさは学校によって違うし
受け取る人によっても違うから
みんながこうだったとは言えないけれど、
少なくとも私はこんな役にはまってたと思うなぁ。

そこで思うけど
センパイ後輩の関係ってそんなに大事なんだろうか?

確かにね、うちの母くらいの年齢のおばさんに会ったりする時は
その人を敬うけれどね。
それはその人がセンパイっていう役だからじゃないと思う。
私達よりも先に人生を歩んでる人は
その人たちから学ぶ事も多いだろうし私自身、興味深いって思う。
沢山の経験をしてきて尊敬するこがある。

だけどさ、同い年だってすんごい年下だって
尊敬することたっくさんあるよ。

あんまり何がいいたいのか分からなくなってきましたが、、、笑

歳が上だからっていう理由だけで
その人を敬わなければならないっていうのが
私には分からなくなってきました。

日本人は年上を敬うっていうのが美徳みたいになってるけど
本当にそうなんだろうか?
でも美徳と言うにはそれなりの理由があるからだと思うんだけど
私にはそれが分からないんですねー。

わかった人いたら教えてくださいましー。
[PR]
# by lecanard | 2004-04-28 14:06 | オレゴン

キーワード

BigSecondSon

卒業まであと2か月。
ラストスパート真っただ中の友人が私の近くにもいる。

そのいつも笑顔の友人が
泣きそうな顔で
不安だと訴えた。

想像を絶する勉強量と難易度で
心身共に疲れきっていた。

「君なら大丈夫だよ。」

そんなテンプレートな台詞はいらないと思った。

「あきらめない。」

私自身が忘れがちなキーワードだけ渡しておいた。

世の中、自分の他にも頑張ってる人がいると
なんでこんなに心強いんだろうか。

私もまだまだ始まったばっかりです。がんばります。
[PR]
# by lecanard | 2004-04-16 12:21 | オレゴン