カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
もう全然行かなくなっちゃったお台場。久しぶりでした。
いつかの会社帰りを思い出しました。酔っぱらって笑って騒いで。。。笑

今日も楽しい夜でした。ツリーも綺麗でした。

今年は青いツリーを色々なところで見ます。

a0002899_13192165.jpg

もうすぐですね。
クリスチャンじゃないけど、綺麗だから好きです。

わたしの家でも
クリスマスライティングの用意が始まりました。




あなたの家のクリスマスも
あなたの街のクリスマスも  着々と進んでいますか。

a0002899_1319361.jpg

[PR]
# by lecanard | 2004-12-11 12:26 | 日記

ゴマ栗モンブラン

みなさんこんにちはー

最近元気のなかった私ですが
今日お昼に豪華デザートを食べたら元気復活ですっ!

結局食べもので元気になるんじゃん みたいな 笑

甘いものってやっぱり私を元気にしてくれるわー

それにこのゴマ栗モンブラン、
甘すぎず、小さいサイズのデザートは
ほどよく私を幸せにしてくれる

ゴマは『不老長寿の秘薬』らしいです
カロリーは高いですけどね
でもコレステロール値を下げる働きがあるそうですし
食物繊維、カルシウム、鉄分、γ-トコフェノール(ビタミンE)などが含まれていて
ごまに含まれるカルシウムは牛乳の12倍にもなるそうです

今日もわたくし、お弁当を作ってきたんですけど
社員食堂や外食よりもやっぱり手作りお弁当は断然勝利です

健康的な食事って心の健康にも効くね
[PR]
# by lecanard | 2004-12-08 14:23 | おいしいね

~散歩~

TOTOさんより ~お題 「散歩」~

参加いたしますっ!


どんぐりが
ポケットいっぱい
散歩帰り


ちょっと字余りですが。。。
4歳&2歳の甥っ子たちと散歩に行くと、ポケットにあらゆるものを詰め込みます。
どんぐりや落ち葉、石っころなどなど。

そのポケットいっぱいのおみやげを見て季節感を感じるんだよなぁ~
[PR]
# by lecanard | 2004-11-30 12:57 | haiku

ひかり

回りの人間が言っちゃいけないこと、
やっちゃいけないこと、
注意しなければいけないこと。

ダメ・ダメ・ダメの連続じゃん。

じゃぁ何をすればいいの?
そのダメなことをしないことを実行すること?



本を読んでも、インターネットを見てもみんな同じだ。
回りの人間の対応について書いている本はほとんどない。
やっと見つけた1冊の本を読むと
書いてあるのは以前インターネットで読んだのとおんなじようなもの。
別に新しい情報はこれといってなし。

反面、本人を励ましちゃいけないといいながら
ウツの本人に「大丈夫だよ」と応援する本は何百冊とでている。
矛盾してない?

確かにウツの人が多いのはわかってる。
ウツは現代病といわれるまでだもの。
でもね、それだけウツにかかる人が多いということは
その本人に関わっている人はウツの人よりも多いわけでしょ?
それなのに、それをサポートする本もなければ団体もごく微少。

結局みんなわかんないから、しょうがないんだろうけどさー。

今日読んだ本にあることを読んでいるとすごくムカムカしてくる。
あれは言ってはダメ、これも言っちゃダメ。
そうじゃなくて、こういう言葉を使いましょう。

でもね、ロボットじゃないんだからさ
こうなったらこう言いましょう、なんて書かれたってさ
そんなに多くのセリフ、インプットできないっつーの。
それにあれはダメ、これはダメと言われたら
間違えちゃったらどうしようって、こっちのほうが怖くなっちゃうよ。
それなのに特別扱いせず、今までのように普通にしろって?
絶対矛盾してるってーーーーー。怒


今思うのは
こういいましょう、こういう行動をしましょう
これはダメ、あれはダメではなくて
家族としての心のあり方や、考え方をかえなければいけないんだと思う。

表面的な言葉をどう言ったところで
私たち家族の心から何か見つけていかないことには
そういう相手が必要な必要としているような言葉を与えることや、
危険を回避することもできないと思う。

久しぶりにイライラした。ほほほ。

さてと~。そういう本がないってことはぁ。
自分で考えろってことかしらね。

ファミリーカウンセリングみたいなの
(大それたものではなく、ただウツ患者を抱えた家族が思いを語る場所)
そういうの、探してみたけどあまりにも少ない。

でもゼロというわけじゃないから、行ってみようと思うよ。


光を見てね。
光に向かってね。
[PR]
# by lecanard | 2004-11-28 00:30

you and me

i know your fear.
i know your hope.
i know your worry.
i know your love.

accept what you have in you.

that's all you have.
that's what you are.

accept your fear.
accept your hope.
accept your worry.
accept your love.

believe in you.

don't be afraid to give out love.
that never gets less or empty.

more and more.

more love. your love.
[PR]
# by lecanard | 2004-11-27 00:56 | みつけたことば

回想

miwa san

sababaちゃんが書いてた言葉 あたりまえ

当たり前のこと。。。

といえばね

中学のときの担任の先生が

「当たり前のことを当たり前に、淡々とこなすのが大人だ。
君たちも小学校を卒業して子供ではないのだから
少しずつそういうことも自覚するように。」

って言っていたのを思い出した。

その時は何を言っているのか
さっぱり分からなかった。
ちょっと考えたんだけど、全然さっぱりだったなぁ。

今でもカチっと分かったわけではないんだけど 笑

淡々とやるべきことを、普通にこなしていくってことなのかなぁと
うっすら思えるようになったんだ。
ほら、この前のイチローの話みたいにね。


もともと私は記憶力がスーパー悪いし
この先生だって恩師と呼べるほどの大きな存在にも感じていなかったし
もう先生の顔も忘れちゃったのに。
それでも15年以上経って、こんな風にふっと思い出すなんて
人の言葉ってすごい力があるんだねー


言葉、大事にしましょうね
[PR]
# by lecanard | 2004-11-24 12:30 | 日記

なぜ めぐり逢うのかを
私たちは なにも知らない
いつ めぐり逢うのかを
私たちは いつも知らない

  どこにいたの 生きてきたの
  遠い空の下 ふたつの物語

縦の糸はあなた 横の糸は私
織りなす布は いつか誰かを
暖めうるかもしれない

なぜ 生きてゆくのかを
迷った日の跡の ささくれ
夢追いかけ走って
ころんだ日の跡の ささくれ

  こんな糸が なんになるの
  心許なくて ふるえてた風の中

縦の糸はあなた 横の糸は私
織りなす布は いつか誰かの
傷をかばうかもしれない

縦の糸はあなた 横の糸は私
逢うべき糸に 出逢えることを
人は 仕合わせと呼びます

-miyuki nakajima-
[PR]
# by lecanard | 2004-11-23 15:34 | みつけたことば

知らぬ間に

いつからだろう
大人に注意されなくなったのは。

いつからだろう
大人に叱られなくなったのは。

いつからだろう
道端の子供に注意するようになったのは。

いつからだろう
自分がオトナになったのは。


注意ばかりされていた子供の頃。
それを煙たいと思っていた。
いつしかそれがなくなり、気づくと誰からも注意されなくなっている。

もうそんなステージなんですね。早いものです。
きりりっと気持ちの良い緊張感があります。


この間注意してくれた社員食堂のおばちゃん、ありがとう。
まだまだ世間知らずの青い私です。
これからもどんどん注意してくださいね。
[PR]
# by lecanard | 2004-11-22 17:09 | 日記
トシが昨夜、目を輝かせて言った

「今日ボク、回るおスシ食べたんだよーーーー!!!」


寿司が大好きで、行くと中トロばっか食べてる彼。
質の良くない魚には目もくれないが
新鮮な魚だといつまででも食べている。

昨日の回転寿司屋は合格だったらしい。

恐るべし4才。。。
[PR]
# by lecanard | 2004-11-18 12:41 | 日記

米の一句 part2

第2回のお題は『米』


私の一句ではありませんが
好きな言葉なのでここに記します。

実るほど頭(こうべ)を垂れる稲穂かな

(徒然草)

先日、とても素敵なおじちゃんに会いました。
長年スシ職人で美味しいお寿司を握り続け
多くの人に愛され、その中には著名人もたくさんいる。
私の知らない素晴らしい功績も残しているはず。

ヘンな話、かなりの金持ちでもあると思う。

しかし彼は私の知っている25年前の駆け出しの
修業を始めた頃のにーちゃんと全く変わっていない。

大変な努力もしてきただろうになー。
そのままの初心を忘れず、腰が低く。。。

「ぼくはみんながいたからここまでこれたんだから~ははは~」と
明るく、感謝の気持ちを忘れない。

ところで。。。
英語圏の人にはこれ、面白いかもねー。笑

実るほど頭(こうべ)を垂れる稲穂かな
Me narrow hold, KOBE want a rail enough canal.
[PR]
# by lecanard | 2004-11-17 14:43 | haiku