カレンダー

<   2004年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

大笑いの昼

職場でのお昼休み。

いつもお昼に一緒に行く4人組で今日も社食でお弁当。

「あ~外 天気いいねー」
「そうねー」 「そうですねー」

今日お弁当を持ってきたのが残念だった。
外に食べに行きたかったなぁ。
この辺には珍しいかわいいカフェでね。
女の子だけでやってるちっちゃなカフェ。
ゴールデンレトリーバーがいるの。
totoって名前の犬だからそのまま「toto cafe」

落ち着くんだよなぁ、あそこ。

でも今日はお弁当ー。

誰からか、今日の話題は電車の話になった。
人身事故のあった地下鉄の中で30分以上待ってた話とか
埼京線の車掌さんで話し好きの人がいることとか。。。。

たいしたことない話題なのに話がつきない。

そうそう、

「最近山手線で恵比寿で降りたら
ホームの“電車閉まっちゃいますよー”の音がエビスビールの音に変わってたんですよー」

とあたしが言ったら

「ええええ~?それすごーい。ビールの音なのぉ?
プシューーー。シュワシュワぁ~って~?」

っんもう~コマさんはいつも面白いなぁー。
さすが飲んべーの発想は違うなあー。

「ちがいますよぉ、エビスビールのCMの曲なのぉー」

「あ、そっかぁぁぁー。ビールの音だったらうれしかったなぁ」

そうそう、ほんとあなたらしいわ、その発言。笑

「ビールの音じゃ、それがエビスかアサヒかわかんないじゃないですかぁ~。」

もうコマさん最高だ。笑っちゃってお腹いたい。


あ、もうお昼終わりー。はやーい。もう。。。。。また仕事かぁ。
[PR]
by lecanard | 2004-10-29 18:34 | 日記
毎晩家に帰ると、テレビから新潟地震の被災地の映像が流れている。
新聞によるとせっかく集まった救援物資もボランティアが足りずに
被災者まで届いていないという。

「ボランティアに行く為に会社を休めないでしょうか?」
派遣会社にメールしてみた。
多分返事はNoだろう。なんて無力なんだろう。

各地で義援金活動が始まっている。
避難用の仮住宅の建設も明日着工するらしい。
しかし当座の予定は400戸。まだまだ足りない。

今日もまた、東京でも感じられるほどの地震があった。
東京は震度3.
新潟は震度6.

あの体育館にいる人たちは一日に何度となく繰り返される地震を体験している。
余震というよりも本震といっていいほど強い地震。

私は震度3でも怖いっと思ったのに
震度6なんて、それも何回も。。。。。

あの体育館に避難している人たちを
地震の少ない地域にホームステイさせてあげることはできないのか?

昔、大島が噴火したとき
避難してきた子が私の小学校に1ヶ月程登校していたことがあった。

そういうことを、この新潟の方たちにもできないのだろうか。
落ち着くまで。仮の住宅の完備ができるまででもいい。
温かいご飯とシャワーと温かい布団で寝させてあげたい。

うちだって、狭いけど、家族いっぱいだけど
一人や二人なら受け入れられる。
そういううちはたくさんあるはず。

何かできないか、何かできないのだろうか。
[PR]
by lecanard | 2004-10-27 16:22 | 日本

声とどけ

もう、本当にどうにかしてください。

朝、電車から降りてさわやかな日差しの中
「今日もがんばるぞー」って思っているのに
前を歩く背広のおじさんたちの顔のあたりから
ファーーーーーーっと白い煙が。。。

たばこです。

止まって喫煙所で吸ってくれるなら
そこを避ければいいことだけど
歩きタバコの場合、後ろから見ると本当にタバコ吸ってるか
わからないんです。

真後ろにいてタバコの煙がくるとよけられない。
反射的に体はよけますが、
そうすると混んでいる朝の歩道、
反射的によけた体が隣の人にドーンってぶつかる。

「あ、ごめんなさい」と誤っても
ぶつかっちゃった女の人の眉間にしわがよってる。
低血圧なのかな。。。ごめんよ、ごめん。わざとじゃないんだってばー。
そんなに怒らないでよー。

駅も最近は終日禁煙とか言ってるけど
駅で吸えない人が駅から出ると、すぐにタバコを手に取る。
しかし、まわりは灰皿はほとんどない。
道路に捨てられた吸殻は増えるばかり。
町中吸殻が落ちている。
JRはこういう繋がりを知っていて、駅からスモーカーを排除したのだろうか。

みんな自分のことばっかり。。。。。ぶつぶつぶつ


吸うのはみなさんの自由です。
ただ周りには吸わない人もいるんだなーって事を覚えていて頂けるとありがたいです。

世間のスモーカーのみなさん、どうかどうかマナーをお守りください。
[PR]
by lecanard | 2004-10-27 09:18 | 日本

薬膳スープ

思いっきり楽しかったけどハードな週末のせいか、
久々に風邪にやられております。
それで今日はいつもより奮発して社外へランチをしに行きました。
漢方の薬膳料理をおいているお店を教えてもらい、風邪に効きそうな薬膳スープを注文。

たっぷりの熱いスープに大きめの生薬入りワンタンが6個くらいと
やわらかいチキンのぶつ切りと。。。。
別のお皿には五穀米のライス。これもちょうどいい具合に炊けてるぅ~。

なにこれー。うまっ!うまっ!
ワンタンがチューイーな感じでもちもちしてて
ワンタンをつけるタレも濃いめなんだけど、あっさりしててー。
スープにはふんだんに細切りねぎが入っててー。
ああああああ おいしいよーと一人で叫びそうになった。笑

身体にいいとか言うより、美味しくてそれだけで元気になる感じだ。

東京の、果てしなく埼玉に近いこの地域
いらっしゃる方はぜひ、おためしあれ~。

温か~いスープのおかげで身体はぽっかぽか♪

こんなに美味しいもの見つけたなんてー。幸せっ!
[PR]
by lecanard | 2004-10-25 16:17 | おいしいね

台風一過

やっと青空が見えたー!

When all is said and done,
the weather and love are the two elements
about which one can never be sure.
[PR]
by lecanard | 2004-10-22 10:01 | みつけたことば

ハロウィンって

起源を考えると日本やアメリカにもルーツはないから
それでこのイベントをバカバカしいと言う人がいるけど
個人的に言わせていただければ、私はお祭りごとが好きなので
それが宗教的に関係ないものだとしても
それを家族や仲間の時間として過ごすことには問題ないのではないかと思う。
だからそれを大人の無礼講の日とするのもいいと思う。

しかしこの日を待ち望んでるのは子供が大多数で
ハロウィンに仮装したりするのもとっても楽しいイベントなのに
それが一部の大人によって操られてると思うとすごく腹立たしくなる。

この社会はお金で回っていて
消費者がお金を使うことで経済もよくなるのかもしれない。

でもでも
近頃、子供の純粋な気持ちをお金に変えるようなあり方に嫌気を感じます。

お菓子業界もスーパーもレンタルビデオ店も。
そこかしこの誇大広告によってこの習慣が作られている。

物質主義の社会は空虚です。
ものなんかよりももっと大事なものがあることを忘れないでいたいと思います。
ハロウィンにはかわいいディズニーキャラクターなんかよりも
下手でもお母さん手作りの衣装のほうがずっとずっとぬくもりがあります。
Trick-or-treatingだって、買ってきたキャンディーよりも
手作りのクッキーのほうがずーっと楽しい。健康的だし。

時としてmaterialisticになってしまう自分への反省も込めて
ハロウィンの過ごし方を見直したいと思います。


やっぱり今年、み~~~んなにパンプキンケーキ作っちゃおうかなぁ~。
[PR]
by lecanard | 2004-10-21 09:43 | 日本

一緒に歩いていこう

私は弱いんだ、助けてくださいって
人に頼ることを
弱いという人もいるかもしれない

でも私は
その姿こそ強さだと思っている

他力本願ではなく

自分の手で何かをどうにかしたいときの
「助けてください」の一言は本気だものね

だから友達に甘えたっていいんだ。
だから家族に甘えたっていいんだ。

誰に甘えたっていいさ。
[PR]
by lecanard | 2004-10-13 09:54 | 日記

よろしくね

こんなことねBlogで書くような
話題でもないかもしれないのですが。

でも書いちゃおうと思います。

だってここは泥んこ広場ですから。

えっと、お姉ちゃんがウツになりました。
今まで一番なりそうもない人が。
今まであたしが会ってきた中で世界で一番気の強い姉が。

アメリカで9ヶ月、鬱について勉強しました。
それで姉が鬱になるとはとても皮肉なものです。

色々な原因があるのだと思うけど
とにかく、家族はそれを支えないといけません。

一番つらいのは本人だし。

私にできることにも限界がある。
同居の母にできることにも
旦那さんにできることにも限界はあります。

でも、なぜでしょうか。
明るくやっていける気がします。
みんなの助けを借りてでも、弱音を吐きながらでも
うまくやっていけると思います。
長丁場になるでしょうが、不思議な力がわいています。

きっとこれは友達のおかげでしょう。
私が疲れても受け止めてくれる友達がいるからでしょう。
家族のおかげでしょう。
一緒にがんばろうねって協力できる家族がいるからでしょう。

私がここにいようと決めたのにも
こう考えるとなんだか意味があったように思います。
自分以外の力が働いているような気がします。

いっちょ、家族の為に、日本の為に働いちゃおうかなぁという気になってきました。

みなさんのご協力をこれからもいっぱいいっぱいいただいてしまうと思いますが
どうぞよろしゅーおねがーいしまーす!
[PR]
by lecanard | 2004-10-10 22:08 | 日記

幸せの花束

自分を自分で幸せにするんです。

幸せになるのを待っているのではありません。

自分に必要なものを見つけたら
それを手にとって、離さない。
離れそうになっても離さない。
必要というのは心がわかっているものなのだから。
必要なはずです。

それを信じて離さない。

そうやって幸せの種を自分の周りにいっぱい集めて
それにちょこっとづつ水をやるのね。

淡々と。焦らずに。

その水やりの意味がわからないときだってあるけど
それでも自分の心を信じて水やりを続けるの。

死ぬまでに新芽が見れたらいいかもね、くらいの
長い目でね。

自分で自分を幸せにする。

もう一人の自分が自分を応援してくれてるみたいで
なんかがんばっていける気がする。


PS。。。

人生に大切な人ができたら、
お互いに水やりをしあうと言った友達がいた。
そんなのも素敵な関係だね。
[PR]
by lecanard | 2004-10-10 21:57 | 日記

いるよ

「ネネ、もうずーーーーーっとアメリカ帰らないでね。」
「ずぅーーーーーーーっとぼくの家にいてね。」

「うん。」って答えたら
ほっとしたような、すごく嬉しそうな顔をした甥っ子。4才。

きっと私が日本にいることを姉が伝えたのだろう。

今までそんなこと一言も言わなかったのに。
きっと彼は彼なりに私に気を遣ったり
我慢したりしてたんだろうなぁ。

君にそう言われてネネは泣きそうになっちゃったよ。
抱きしめたくなっちゃったよ。

これからいっぱい遊ぼうね。
いっぱいいっぱい遊ぼうね。
[PR]
by lecanard | 2004-10-08 11:00 | 日本