カレンダー

<   2004年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

一期一会

IF I KNEW

If I knew it would be the last time
That I'd see you fall asleep,
I would tuck you in more tightly
and pray the Lord, your soul to keep.

If I knew it would be the last time
that I see you walk out the door,
I would give you a hug and kiss
and call you back for one more.

If I knew it would be the last time
I'd hear your voice lifted up in praise,
I would video tape each action and word,
so I could play them back day after day.

If I knew it would be the last time,
I could spare an extra minute
to stop and say "I love you,"
instead of assuming you would KNOW I do.

If I knew it would be the last time
I would be there to share your day,
Well I'm sure you'll have so many more,
so I can let just this one slip away.

For surely there's always tomorrow
to make up for an oversight,
and we always get a second chance
to make everything just right.

There will always be another day
to say "I love you,"
And certainly there's another chance
to say our "Anything I can do?"

But just in case I might be wrong,
and today is all I get,
I'd like to say how much I love you
and I hope we never forget.

Tomorrow is not promised to anyone,
young or old alike,
And today may be the last chance
you get to hold your loved one tight.

So if you're waiting for tomorrow,
why not do it today?
For if tomorrow never comes,
you'll surely regret the day,

That you didn't take that extra time
for a smile, a hug, or a kiss
and you were too busy to grant someone,
what turned out to be their one last wish.

So hold your loved ones close today,
and whisper in their ear,
Tell them how much you love them
and that you'll always hold them dear

Take time to say "I'm sorry,"
"Thank you," or "It's okay."
And if tomorrow never comes,
you'll have no regrets about today.
[PR]
by lecanard | 2004-09-29 21:23 | みつけたことば

JUUUUUMP!

コドモって

喜ぶと
うれしいと
すごーく嬉しいと

ぴょんぴょんぴょんぴょんって

飛び跳ねるのよ

この前ね、
噴水がいきなりシャーって出たときに
周りにいた15人くらいのコドモが一斉に

ぴょんぴょんぴょんぴょん始めたの。

うれしいときに
体いっぱいで喜ぶこと。

忘れたくないね。
[PR]
by lecanard | 2004-09-29 20:37 | 日記

びしょびしょぬれです

a0002899_20232936.jpg

台風接近してます。

あたしの靴もかばんもお洋服も
右手の右っ側もみんなびしょびしょぬれです。

でもねー、雨好きになっちゃった。

雨が上がったときの
真っ青な空や透き通った空気。それにレインボーも出ちゃうしね。
[PR]
by lecanard | 2004-09-29 20:21 | 日本

home

穏やかな生活。
笑顔の生活。
イライラしない生活。
八つ当たりしない生活。
相手を思いやる生活。

パートナーを尊重すること。
子供を尊重すること。
人を信じること。
人を受け入れること。

わたしが見てきたひとつの家族。
わたしが学んだこと。

いつまでも、わたしのsecond home
[PR]
by lecanard | 2004-09-29 16:24 | オレゴン

10年ひと昔

必死の大学受験が終わって
私がやっと短大に入学できたのが10年前。

父さんと母さんの、家族のレストランが閉店して10年。

スペインのルイスくんがこの間久しぶりにメールしてきて
「ぼくたちもう10年もトモダチなんだねー」と言った。

10年前が昨日のように感じる。。。

振り返る10年がある。
自分の足で歩んできた10年がある。
自分で選んできた10年がある。

20年、30年と振り返る年数が増えたとき、
どんな時代が待っているだろう。
どんな自分が待っているだろう。
[PR]
by lecanard | 2004-09-28 09:22 | 日記

不器用でも

下手な鉄砲
数打ちゃ当たる

Never be afraid,
Keep challenging
till you get what you want

Life is here. once.

狙いをさだめてー。いざっ!
[PR]
by lecanard | 2004-09-28 09:10 | 日記

ドキドキ。。。。

やっばーい。
やっばーい。やっばーい。やっばーい。
やばすぎる。

もうすぐこの派遣の仕事始めて3ヶ月になるんですけどぉ。
一応英語と日本語の橋渡しみたいなマネゴトみたいなこと
させてもらってるんですけど。。。

始めたときには
「専門用語が多いし~、がんばって勉強するぞー」なんて
単語帳作っちゃう勢いでがんばってたんですけど。

気がついたら
もっちろん単語帳なんて作ってないし
始めた頃に書き留めた英語と日本語の対応表なんて全然見てないし

やばーい。
もしかして今日?今日?今日?
お偉いさんとの通訳が入っちゃうかもだよー。

神様お願いです。
今日がんばって復習しますから
今日いきなりのドキドキ通訳はご勘弁を!

今日からがんばって復習して、
数日後にはなんとかモノにしますから。。。
お時間をくださいなー。

あああああ、
夏休みの宿題を必死で終わらせる小学生のようだ。
抜き打ち試験を怖がっている中学生のようだ。

今日はあのイギリス人上司、
ミスターキットカットの目がまともに見れない。。。。

「lecanrad、ちょっと手伝ってくれる?」といわれませんように。。。

日ごろの努力。。。。必要なのかも。笑
[PR]
by lecanard | 2004-09-27 12:09 | 日本

きらきら

自分で選択することには勇気がいる

この道を選ぶことで
もしかしたらもう一つの道での楽しいことを
諦めなければいけないかもしれない

この道を選ぶことが
本当に正しいのかさえわからない

どの道を選んでも
それぞれに楽しいこともあるし
それぞれに苦しいこともあるのだろう

でも私は
右足をこっちの道
左足をあっちの道において歩いていくような
そんな中途半端な人生の歩み方はしたくない

もうこっちって決めた

こっちの道に両足でぐんぐん歩いていこう

そう決めたら
こっちの道にはたくさんのお花が咲いていて
雨のしずくがキラキラ光っている

こっちの道、楽しくなりそうです
[PR]
by lecanard | 2004-09-25 19:35 | 日記
mgigiちゃんも参加してもらえるって事で
勝手に開始します!俳句遊び♪

今回のお題は。。。。「空」

でどうでしょう?

季語は別になんでもいいです。
自分で季語と思うものを適当に使っちゃうましょ~。



ではでは、lecanardいきま~す!

空仰ぎ
腹が減ったよ
イワシ雲

(食欲の秋。。。。雲を見ただけでお腹も減ってくるよー。笑)
[PR]
by lecanard | 2004-09-24 15:46 | haiku

世間は休日

今日は秋分の日です。

国民の休日ですね。
お彼岸だから「祖先を敬う日」なのだそうですよ。

今日も私は出勤なのですが
町にはのんびり~な空気が流れています。

ただ歩いている人が少なくて
閉まっているお店があるからっていう理由だけではなく

お休みの日には町に歩く人
一人ひとりのストレスが浮遊していないからではないだろうか。
もちろん、笑顔も多い。

今日はとてもやわらかい空気がいっぱい

こんな日が大好きだ。

そして秋の晴天です。
心地よい風が通り抜けて、やさしい太陽のブランケットに包まれて
お散歩に出かけたいなぁ。
[PR]
by lecanard | 2004-09-23 12:53 | 日本