カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:日本( 32 )

毎晩家に帰ると、テレビから新潟地震の被災地の映像が流れている。
新聞によるとせっかく集まった救援物資もボランティアが足りずに
被災者まで届いていないという。

「ボランティアに行く為に会社を休めないでしょうか?」
派遣会社にメールしてみた。
多分返事はNoだろう。なんて無力なんだろう。

各地で義援金活動が始まっている。
避難用の仮住宅の建設も明日着工するらしい。
しかし当座の予定は400戸。まだまだ足りない。

今日もまた、東京でも感じられるほどの地震があった。
東京は震度3.
新潟は震度6.

あの体育館にいる人たちは一日に何度となく繰り返される地震を体験している。
余震というよりも本震といっていいほど強い地震。

私は震度3でも怖いっと思ったのに
震度6なんて、それも何回も。。。。。

あの体育館に避難している人たちを
地震の少ない地域にホームステイさせてあげることはできないのか?

昔、大島が噴火したとき
避難してきた子が私の小学校に1ヶ月程登校していたことがあった。

そういうことを、この新潟の方たちにもできないのだろうか。
落ち着くまで。仮の住宅の完備ができるまででもいい。
温かいご飯とシャワーと温かい布団で寝させてあげたい。

うちだって、狭いけど、家族いっぱいだけど
一人や二人なら受け入れられる。
そういううちはたくさんあるはず。

何かできないか、何かできないのだろうか。
[PR]
by lecanard | 2004-10-27 16:22 | 日本

声とどけ

もう、本当にどうにかしてください。

朝、電車から降りてさわやかな日差しの中
「今日もがんばるぞー」って思っているのに
前を歩く背広のおじさんたちの顔のあたりから
ファーーーーーーっと白い煙が。。。

たばこです。

止まって喫煙所で吸ってくれるなら
そこを避ければいいことだけど
歩きタバコの場合、後ろから見ると本当にタバコ吸ってるか
わからないんです。

真後ろにいてタバコの煙がくるとよけられない。
反射的に体はよけますが、
そうすると混んでいる朝の歩道、
反射的によけた体が隣の人にドーンってぶつかる。

「あ、ごめんなさい」と誤っても
ぶつかっちゃった女の人の眉間にしわがよってる。
低血圧なのかな。。。ごめんよ、ごめん。わざとじゃないんだってばー。
そんなに怒らないでよー。

駅も最近は終日禁煙とか言ってるけど
駅で吸えない人が駅から出ると、すぐにタバコを手に取る。
しかし、まわりは灰皿はほとんどない。
道路に捨てられた吸殻は増えるばかり。
町中吸殻が落ちている。
JRはこういう繋がりを知っていて、駅からスモーカーを排除したのだろうか。

みんな自分のことばっかり。。。。。ぶつぶつぶつ


吸うのはみなさんの自由です。
ただ周りには吸わない人もいるんだなーって事を覚えていて頂けるとありがたいです。

世間のスモーカーのみなさん、どうかどうかマナーをお守りください。
[PR]
by lecanard | 2004-10-27 09:18 | 日本

ハロウィンって

起源を考えると日本やアメリカにもルーツはないから
それでこのイベントをバカバカしいと言う人がいるけど
個人的に言わせていただければ、私はお祭りごとが好きなので
それが宗教的に関係ないものだとしても
それを家族や仲間の時間として過ごすことには問題ないのではないかと思う。
だからそれを大人の無礼講の日とするのもいいと思う。

しかしこの日を待ち望んでるのは子供が大多数で
ハロウィンに仮装したりするのもとっても楽しいイベントなのに
それが一部の大人によって操られてると思うとすごく腹立たしくなる。

この社会はお金で回っていて
消費者がお金を使うことで経済もよくなるのかもしれない。

でもでも
近頃、子供の純粋な気持ちをお金に変えるようなあり方に嫌気を感じます。

お菓子業界もスーパーもレンタルビデオ店も。
そこかしこの誇大広告によってこの習慣が作られている。

物質主義の社会は空虚です。
ものなんかよりももっと大事なものがあることを忘れないでいたいと思います。
ハロウィンにはかわいいディズニーキャラクターなんかよりも
下手でもお母さん手作りの衣装のほうがずっとずっとぬくもりがあります。
Trick-or-treatingだって、買ってきたキャンディーよりも
手作りのクッキーのほうがずーっと楽しい。健康的だし。

時としてmaterialisticになってしまう自分への反省も込めて
ハロウィンの過ごし方を見直したいと思います。


やっぱり今年、み~~~んなにパンプキンケーキ作っちゃおうかなぁ~。
[PR]
by lecanard | 2004-10-21 09:43 | 日本

いるよ

「ネネ、もうずーーーーーっとアメリカ帰らないでね。」
「ずぅーーーーーーーっとぼくの家にいてね。」

「うん。」って答えたら
ほっとしたような、すごく嬉しそうな顔をした甥っ子。4才。

きっと私が日本にいることを姉が伝えたのだろう。

今までそんなこと一言も言わなかったのに。
きっと彼は彼なりに私に気を遣ったり
我慢したりしてたんだろうなぁ。

君にそう言われてネネは泣きそうになっちゃったよ。
抱きしめたくなっちゃったよ。

これからいっぱい遊ぼうね。
いっぱいいっぱい遊ぼうね。
[PR]
by lecanard | 2004-10-08 11:00 | 日本

損と得

イグノーベル賞という賞がアメリカにはあるそうで。

和製英語ともなったKaraoke。
その発明者の井上大佑さん(64)が数日前この賞を受賞したそうです。

元バンドマンでスナックで弾き語りをしていた彼が
歌の上手でない素人のためにずれた音程の演奏テープを
作ったらとても喜ばれ、それから飲食店に貸出していた。

ただ彼は特許申請をしていなかったために
レーザーカラオケなどの技術についていくことができず
彼の会社は倒産。業界から追い出されてしまったそうなのです。

世界中でこんなにもカラオケが普及している。
「特許を取らなかった事で悔しいとか損をしたと思いませんか?」
とインタビューで聞かれた彼は
「私は得をしなかっただけで、損をしたわけではありませんよ」
と笑って答えたそうです。

きっとあったかい人なんだろうなぁ。

おぉっと、そろそろオータムジャンボの季節だわ。
宝くじを買って「損しちゃった」ではなくて
「得しなかったけど、楽しかったぁ」と言えるかな
[PR]
by lecanard | 2004-10-06 11:00 | 日本

一日一歩

私が日本にいることにしたと言ったら
「君が日本にいるっていうの、とても嬉しいよ。」
と言ってくれる友達がいて
それを聞いた私も嬉しい。

友達は私がどこにいてもサポートしてくれるけど
そう言ってくれて余計に嬉しくなった。

近くなるから嬉しいと言ってくれる友達
遠いけどhomeな感じがするといってくれる友達
一緒に飲みに行けるからってワクワクしてる友達

単純にうれしいっす。

迷ったけど
この判断して本当によかったなぁ

やっぱり自分が「これ!」って言ったものに進んで行くと
いい結果ってついてくるものだね
嬉しい言葉って聞こえるものだね
[PR]
by lecanard | 2004-10-05 17:25 | 日本

嬉しいこと、つづき

わーい。

初めて話しちゃったー。

今まで声聞いてみたなぁと思ってた人とね。

お話しちゃったぁ。

ちょっとだったけど

楽しかったぁ。
[PR]
by lecanard | 2004-10-02 00:18 | 日本

4つの季節

日本にいると、季節感を感じる。
春は花見、夏は風鈴や花火やせみの声、秋はさんまや落ち葉、冬はお鍋やみかん

私はやっぱりアメリカにいた時間が少ないからかなぁ、
毎年来るおんなじ季節というものを感じたことがなかったからかなぁ、
気候の変化以外に、なんだかまったく季節を感じなかったような気がする。

イベントはそれなりに多くて
それがきっと季節感なのだろうけれど、そこまでは私の中で浸透していなかった。
やっぱり何年も何度も同じ季節を味わうと
それが季節感になっていくのかもしれないね。

私はやっぱり住みなれた日本でしか
今のところ季節感を感じられないですが。
いいです。好きです。

移り行く季節を大事にしている感じがする。

食べ物にしても、着る物にしても、町の飾りつけも
季節感を感じるものがすごく多いね。

そういうもの、少しずつ写真にとってみようかな。
[PR]
by lecanard | 2004-10-01 12:01 | 日本

おはようございます!

今朝、駅を出たら

元気な声があちらこちらから聞こえてきました。

「赤い羽根共同募金」で
近くの小・中・高校生たち、
ボーイスカウト・ガールスカウト
婦人会・町内会。。。。。など色々な人たちが

元気に、本当に元気にあいさつしていました。

「おはようございまーす!!赤い羽根共同募金にご協力お願いしまーす!!」

強い日差しの暑い中で
汗を流しながら元気に笑顔で呼びかけをしている声で
眠~い体がシャキっとして、元気をもらいました。

出口近くのボーイスカウトの子供たちの募金箱に
100円玉をカラ~ンと入れると

3人の男の子たちが私の目を見て、静かに私に言いました。
「おはようございます。」
「ありがとうございます。」

それは、今まで大きな声で呼びかけていた彼らの声よりも
ずっと温かく、うれしく感じました。

あいさつって、うれしいものですね。

朝起きて家族に「おはよう。」と言うのは毎日のことで、
言わなければ気持ちが悪いし、それがあまりにも普通で
それは会社でも同じことのような気がしていたけれど

あいさつの中に清々しい気持ちよさをもらいました。

「今日もおたがいに良い一日を過ごしましょう。」

彼らの「おはようございます。」の中にはそんな声が聞こえました。

「暑いけど、がんばってね。」
[PR]
by lecanard | 2004-10-01 09:42 | 日本

びしょびしょぬれです

a0002899_20232936.jpg

台風接近してます。

あたしの靴もかばんもお洋服も
右手の右っ側もみんなびしょびしょぬれです。

でもねー、雨好きになっちゃった。

雨が上がったときの
真っ青な空や透き通った空気。それにレインボーも出ちゃうしね。
[PR]
by lecanard | 2004-09-29 20:21 | 日本