カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:fun( 2 )

映画

最近は久々に映画を観る機会が続いています。

先日「プライドと偏見(Pride and Prejudice)」をふとした偶然から観ることになりました。
この映画はずっと気になっていたの。
私はYou've got mailのサウンドトラックが好きなんだけど
あの映画の中でPride and Prejudiceの小説の話をしていて
いつか読んでみようと思っていたの。そうしたら映画が出てました。

18世紀の女性の話だから、彼女らの人生の目的は「結婚」がすべて。
良い家柄の人と出会うことが一番の楽しみで、「結婚」が目的。

そんな昔の時代だけれど、現代に通ずる人間の姿が描き出されていて
妙に近さを感じてしまいました。原作も18世紀とかに書かれていると
思うんだけど、その時代に書かれたと思うから余計に、
時代を超えたuniversalな感覚が新鮮で、
テクノロジーが発展しても、時代は変わっても人の感情は変わらない

ということを教わりました。

風景も綺麗だし、私は気に入りました。もう一度みたいなーって感じ
[PR]
by lecanard | 2006-02-20 13:43 | fun

Deep Blue

青い海をゆったりと泳ぐ魚たちの映像が
私をリラックスさせてくれるのだろうと思っていた。
眠くなっちゃったりするのかなあと思っていた。

まったくもってとんでもない。

食物連鎖。弱肉強食。生存競争。
言葉にするならこんな感じだ。

イソギンチャクさえも隣同士で食うか食われるかの戦い。
赤ちゃんアシカがシャチに襲われ
お腹を空かせた白熊はシロイルカを狙う

こんなことが今この瞬間も海では行なわれている。
みな生きるのに必死。

数え切れない多くの生物が生存する世界で
人間のいる意味。
この世界のある意味。
そんなことを考えた。

もちろん海の美しさも織り込まれていて。
ナレーションの静かなイギリス英語も心地よかった。

青い海は広くて壮大だった。
どこまでも深く暗く続く海は恐怖でもある。
色々な感情が交差して出ては消え、消えては出た。
久しぶりのお気に入り映画。

これ、そのうちIMAXでやったりするんじゃないかしら。
IMAXでは迫力がありすぎて怖いけど。見てみたいかも。



ジャンル : ドキュメンタリー
製作年 : 2003年
製作国 : イギリス=ドイツ

監督・脚本 :
アラステア・フォザーギル
アンディ・バイヤット
[PR]
by lecanard | 2004-10-07 10:05 | fun