カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:日記( 52 )

「いつ買った?」

こたえはいつも

「安かった。」




父じゃないかしら、投稿したの?(笑)
[PR]
by lecanard | 2008-05-28 08:35 | 日記

graduation

There are lots of graduations you go through in your life.

Graduation is the time full of good-byes and appreciation.

Feeling graduated is a happy thing.

Whatever happends, I never want to leave something undone
or run away from anything.

Today, my good friend, a big brother, a huge supporter
left for his dream.

So many things happened.

So, so, so many.

I cried, I got angry, I hated him lots of times.

But, I could never leave it there.
We always found the way to peace.

I am just happy now....
that I can say this is a graduation for me, too.

I never ran away.
I always faced the difficulties face to face.

Sometimes with anger, sometimes with gloomy days.

I gave him a big bunch of flowers. Otsukare sama.

Did you know, that was for me from me, too? lol

I did well. I've been on this rough road so long......

Sometimes helping each other,
sometimes hating each other.

But.... there was always love.


Dear big brother,

I'm proud of myself.
I did so well.
I worked so hard.
I helped you a lot.

I know now..... that you diid the same to me.

Thank you & always your little sis,
K
[PR]
by lecanard | 2008-04-28 00:22 | 日記

お久しぶりです

この間、今まで21年間で初めておばあちゃんの夢を見た。

私のおばあちゃん。私が大好きだったおばあちゃん。
おばあちゃんとの思い出は温かくてやわらかくて穏やかなもの。
それ以外の感情はまったくない。

亡くなってからずっと夢で会いたいと思っていたのに
一度も姿を見せてくれることはなかった。

そしてこの間、初めておばあちゃんが出てきてくれた。

ドアを開けたらおばあちゃんが座っていた。
私はなぜか、おばあちゃんに英語で話しかけていた。笑

Long time no see!!!!!!
I've missed you so much.

そして大きなhugをして
(おばあちゃんとあたしにはhugなんて習慣はなかったんだけどね。笑)

嬉しくて涙が出た。

おばあちゃんは昔と変わらず朗らかに笑っていた。

やっぱりおばあちゃんは大きかった。
なぜか背だけは私より小さくなってたけど。
昔とちっとも変わらずふくよかで温かくってhugするとき手を回すのがやっとだった。

ずっとずっと会いたいと思っていて会えなかったのにね。


そうそう、この間なぜか無性におばあちゃんのお墓にお参りに行きたくなったんだ。
お墓とかは怖いので、家族の行事以外行った事がなくて
もうここ5年以上はお墓に行くこともなかったんだけど、
どうしても行きたい気持ちが離れなかったので、この間行ったんだった。
やっぱり怖かったからジェフに一緒に行ってもらった。

ここまで行きたいと思っていたのには何かがあるからかと
何かの前兆かと思ったりもしたんだけど、実際行ってみたら
別に変わったことが何かあったって訳でもなく、
ただただお供えしたお花が綺麗でとてもいい天気の日で、ただそれだけだった。

もしかして、
私がお墓参りをしたからおばあちゃんが夢に出てきてくれたのかしら。

それならちょっと嬉しいな。どこか繋がっているような気がして。


また会いたいな。

I miss you!
[PR]
by lecanard | 2006-11-25 14:56 | 日記

ふ~

イライラしてプンプンする前に、

ふーーーーーっとひと呼吸ついて

平常心でいられる自分になりたい!
[PR]
by lecanard | 2006-08-01 11:12 | 日記

やっちゃえば?

達成したいことがあるけれど
その術が分からないとき。

本当にやり方が分からないという時と

ただやっちゃえばいいのに、
躊躇して「分からない」と言っている時がある。


今、私は躊躇してるほうにいる。

やっちゃえよー。って言ってるんだけどね。

なかなか身体や心が言うことを聞いてくれない。


もうここでみんなに言ったんだし、

えーい。やっちゃうぞーーー!!!


笑顔でやりぬけちゃおうと思いまーす♪
[PR]
by lecanard | 2006-06-20 10:26 | 日記

災難続きのおばあちゃま

おばあちゃまね、クラスに戻っては来たんだけれど、

娘さん(61歳)が乳ガンで、あと3か月って宣告されたんだって。

本人は知らないけれど、あと3か月なんだって。

だから、そのショックでおばあちゃまも倒れちゃったみたい。

今日、久しぶりに会ったおばあちゃまの顔には
以前のような笑顔がなかった。ほんと、別人だった。
今まで会ったことのない人みたいな雰囲気があった。

「7月と8月は病院に行かなきゃならないから、クラスに来れないけど、
8月にお葬式が終わったら、また9月から来るから。」って。

お腹を痛めて産んだ娘が先に逝くだけでなく
そのお葬式をplanしなきゃならないおばあちゃまはどんなに辛いか。
気丈に振舞って笑顔さえ見せたおばあちゃまの目の奥に
深くて暗い闇があった。

それでも、きっとおばあちゃまにとって
私達のところに来るのは少しでも日常を忘れるため。
自分が生き続ける力をたぐり寄せているようだった。

私にできることなんて、ただ毎回笑顔でお話するだけだけど
それだけしかできない自分が歯がゆいけれど
なんとか、おばあちゃまには身体を気をつけてがんばってほしい。

頑張るなんて、なんて無力な言葉なんだろうね。
[PR]
by lecanard | 2006-06-09 22:04 | 日記

イエーイ

この間退院したばかりのおばあちゃんが

英語レッスンに帰ってきましたー

イエーイ

イエーイ

イエーイ

病は気からということをおばあちゃんは身をもって教えてくれている気がします。
[PR]
by lecanard | 2006-06-05 12:52 | 日記

この間ね、

ひさーしぶりに



お風呂で寝てしまった。笑


子供の頃はよくあったのよ。お風呂で居眠り。
ポチャン!って顔がお湯について、起きる みたいなね。
たまに耳に水が入ったりさ。

でもなぜだか最近はもうめっきりそういうこともなかった。
お風呂に入りながらいつも考えごとをしてて
よし!って気合いが入ってお風呂出る、、、、みたいな感じだった。

お風呂で居眠りして、へんてこな夢をみて、

気づいたらもう1時間、、、! 

きゃーって声出しそうなくらい嬉しかった。ははは
[PR]
by lecanard | 2006-05-28 19:23 | 日記

See you again.... Soon!

GW明けの先週、92歳のプライベートクラスのおばあちゃんが
何も言わずクラスを欠席した。

日頃から面白いおばあちゃまで、
「この歳になって英語をやってるなんて恥ずかしいから
一緒に住んでる息子には内緒にしてるので自宅には
電話しないでください」

と常々言われていたから、心配でも電話できなかった。

お年だし、心配で心配で、おばあちゃまがよく行く美容室へ行って
「最近来てませんか?」と聞いたけど来ていないって。

お願いだから生きていて。また笑顔を見せて。それだけ願っていた。

1週間経ってまた欠席したら、自宅に電話してみることにして
とりあえず待つ事にした。今週金曜日まで。。。。。


今日、その美容室から電話があった。

「おばあちゃま、来てるわよー。」って。

心臓が急に苦しくなってGW頃から15日も入院していたんだって。

おばあちゃまと直接お話すると、いつもの元気で明るい声はどこかへ消え

「もう英会話へは行かれません。こんな身体だし、、、。」

電話の向こうで涙を溜めているおばあちゃまが想像できた。

電話だからどんな状態なのか見えなくて、
もう付き添いなしでは歩けないのかなとか、やつれちゃったのかなとか、
困惑した。

「じゃあ、みなさん、お元気で。。」とおばあちゃまが電話を切った。

え? もう会えないの? もうあの笑顔に会えないの? 
こんな終わり方やだよ、、、。

涙が溢れた。

もう英会話に来れないだけじゃなくて、会うこともできないなんて
どうしても納得がいかなくて居ても経ってもいられずに
すぐに美容院へ車を飛ばした。

小さな美容室の待ち合い室には、静かに座っているおばあちゃまがいた。
私達を見るなり、笑顔と寂しい瞳で迎えてくれた。

おばあちゃまはすぐに私の手を取って。私は今にも泣きそうだった。
でもせっかく退院してきたおばあちゃまに、今まで泣いていた
赤い目だけじゃなく本物の泣き顔なんて見せたくなかったから、
無気質な天井を何度も見上げた。


心臓が弱ってしまって、手術をしてペースメーカーを付けた
おばあちゃまは、「怖い、怖い。」と何度も言っていた。

「せっかく英語で少し会話ができるようになったのに。。。」
「楽しかったのに。。」
そう言われると、かける言葉がなかった。

すかさず美容室のおばさんが
「今日だって退院そうそう自宅からここまで自分で歩いてきたんだから
すぐに元気になって、また英会話できるわよ〜」って。

え? 退院したその日に自分で歩いて、美容室に来たの?

信じられない。さすがスーパーおばあちゃんだ。
だてに92年生きてないわ。笑

30分も話しているといつものおばあちゃまに戻って
今日ハチに手を刺された私のことを気遣ってくれ、

「私なんて、子供の時に顔がハチに刺されて
弟にBig Pig Faceって長いこと笑われたのよ〜」と
笑顔を見せてお腹から笑っていた。

美容室のおばさんのおばあちゃまを勇気づける言葉や
おばあちゃまの優しい笑顔が私までも勇気づけてくれて
みんなの気持ちがひとつになった。

また英会話やろうって。

元気になって、戻って来てくれる事を心から祈っています。

大好きなおばあちゃまへ。
[PR]
by lecanard | 2006-05-17 23:22 | 日記

IKEA

週末、IKEAに行って来ました。
買い物好きの衝動買い性のママが楽しかったー と、はりきっていたので
なんか波に乗って行って来てしまった。

結果: 「すごい混んでた。。。」

開店そうそう、当たり前と言えば当たり前だけどさっ。

新しもの好きの日本人は
海外の家具で個々の部屋のように展示されているスタイルは
アトラクション感覚で楽しめるのかもしれないけれど

私はすでにIKEAの先行きが怪しいと感じています・・・

まず、遠い。

第2に、日本家屋にはちょいと家具が大きすぎではなかろうか。

第3に、家具ってそうそう買う人いないよねー?

以上の理由から。

あと欄外には:フードコートが美味しくないというのもあります。苦笑

ま、空いた頃に一度行ってみるのはいいと思いますよ。
空いていたらもうちょっと楽しめたかも。。。。

(混んでると分かってて行ったあたしもバカよね~。。)
[PR]
by lecanard | 2006-05-15 11:00 | 日記