カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

奇跡の学習コース ③

今日 興味深いことに気がついた。

奇跡の学習コースを受けてから、
自分のネガティブな感情に
凄く敏感に反応するようになった。
特にカラダ。070.gif

仕事中に他愛もない話をしている時、恐怖にも似た
緊張をしている自分を発見したり
(本当に体がガクガクして手に汗かいて。。。)
生徒の発表会の仕上がりがイマイチなのが
すごく気になって歯の奥が浮く感じがしたり、
ある人のひとことにピキーンって、血管が
切れそうなくらい怒りを覚えたり。
コトバにすると怖いなー。笑

でも私は良い兆候だと思ってるんだ。
自分の感情をより身近に感じるようになった。
ということは、気づくと言うことは、
観察するポイントも分かる訳だしね。049.gif

膿出し期間中かなー。出るわ出るわ〜
これが本当のデトックスだ。

では、「神の意識」と
「わたしたち」の意識の話に戻ります。

「神の意識」は、神と自分は一体だと知っていて
そう生きることね。

「わたしたちの意識」って言うのは
普段わたしたちが普通に思っている事が多いね。

<わたしたちの意識にあるもの>

* self *
小文字のsで表記するselfは、
神と自分は分離している。
エゴ(自我)と言われる状態。
神の意識でいうBig Meと比べてlittle meとも言います。

赤ちゃんの時には分離した意識はないけど、
私たちは人生の初め頃で分離することを選んだのね。
分離することで、対極にあるものを学べるから。
愛の中だけにいたのでは、愛の素晴らしさが
経験できない。けど、不安を体感する事で、
愛をも経験し体感できるようになる。
053.gif

* perception *
自分の見方、考え方。

一つ同じハプニングが起きても
人の数だけ違う角度と見方があるということ。
「自分」の考え方や「他人」の考え方があること=エゴ。

わたしたちほとんどが「メガネ」を通して
世界を見ている。004.gif
しかしその「メガネ」は全て
個人の過去の経験や常識や教育などで
出来上がっている。
が、誰のメガネも全く同じものはない=エゴ。

例:
たとえば、きょんちゃんが仕事中に寝ているとする。

Aさんは「きょんちゃんはなんてlazyな人だ!」という。
Bさんは「給料ドロボーだ!」という。
Cさんは「きょんちゃんは疲れてるんだ。」という。
Dさんは「きっと仕事がつまらないんだ。」という。
Eさんは「きょんちゃんは寝るのが趣味なんだ。」という。

なーんて風に、ひとつの出来事に対して色々な見方を
するのがわたしたち。でもそのどれも正しくない。
あるのは、「きょんちゃんは、仕事中に寝ていた」という事実だけ。

それぞれの人が個々に持っている信念や常識に基づいて
違うメガネで見ていると言うのが、神と分離したエゴの
「わたしの」考え方。

わたしたちは普段、「〜が正しい」「〜べき」というけど、
それはまさに、自分から見る一つの解釈。
その「自分」の1つ解釈によって自分を自分で苦しめ、悩む。

自分の考え方は「全て」ではない(=この世界は幻想だ)と
自分の心で分かっていれば楽になる。癒しがおこる。

* body
自分は肉体の存在である。=死んだら存在がなくなる。
死を避けようとする行為こと=エゴをベースにしている考え。

* separation
神と自分が分離していること。

* dream
神と自分は分離しているという「夢(幻想)」に生きている。
家族、友人、仕事、恋愛、それにまつわる出来事、問題、喜びなど、
わたしたちが普段「現実」と思っているものは全て幻想。

良く言われる「覚醒(目覚める)」という言葉は、
この幻想から本当の現実
(神と自分が一体化しているという現実)に目覚めること。

* time
時間と空間が存在する世界。
始まりと終わりがある。059.gif

(逆に、神の意識の中には「時間」はない。
あるのは「どう生きたいか」だけ。)

* fear
恐れがある。

わたしたちの意識の中で、
エゴが一番恐れていることは
「肉体の消滅」と「自己価値の消滅」の2つ。

たとえば、
わたしたちは「○○(遅刻とか)しちゃったこと」に後悔したり、
がっかりしたり、そんな自分に頭にきたりする。

「そんなことしている自分には価値がない。」と考える

「自己価値の消滅」を恐れている

わたしたちは恐れがあるから自分を守る。
「怖いから守る」
「怖くないから守る必要がない」という、
2択しかない。

神の意識の中では、怖くなくても守ることはできる。

たとえば、
何も怖くない(死んでも何〜んも怖くない)けれど、
「私は○○をしたい」ので、
それをする為に肉体があればできる(生き残る必要がある)ので守る。
そういう守りかたもある。066.gif

* death
死がある。=恐れがあり、生き残る必要がある。

* spirit mind
自分と神は分離しているという思いでいること。
神の心 < = > 自分の心
[PR]
by lecanard | 2008-02-22 00:11 | 学んだこと